レビトラ(バルデナフィル)

レビトラを服用しているときはお酒の飲み方に注意しよう

お酒の飲みすぎはレビトラの効果を弱めてしまう

レビトラは、配合されている有効成分バルデナフィルの作用によって、勃起不全(ED)を治療する薬です。

レビトラの特徴として、強いED改善効果と即効性が知られていますが、レビトラを服用しているのに思ったように効果が出ないケースがあります。その原因の1つとして考えられるのがお酒です。

食事の席でお酒を飲むこともあると思いますが、レビトラを使用する際にはアルコールの摂取は避けた方が良いでしょう。

アルコールには、勃起機能を低下させてしまう作用があり、お酒を飲みすぎてしまうとレビトラを服用しても十分な効果が現れないことがあります。

また、レビトラが持つ血管拡張作用によってアルコールに酔いやすくなります。酔っぱらってくると余計にお酒を飲んでしまい、ますますレビトラが効きづらくなるといった悪循環にはまってしまう可能性があります。

少量のお酒でも酔ってしまう方は特に注意が必要です。

ただし、お酒を飲んだら必ずレビトラは効かなくなるというわけではありません。薬の効き目や酔いやすさに個人差があるように、レビトラとアルコールを同時に摂っても大丈夫な方もいらっしゃいます。

初めてレビトラを服用する際には、お酒は控えたおくのが無難です。

少量の飲酒はレビトラの効果を高めてくれる

基本的には、レビトラを服用する際には飲酒を避けた方が良いとされています。しかし、場合によっては、お酒とレビトラを組み合わせることでED改善効果が強くなることもあります。

大切なことは、アルコールの摂取量を適量に抑えて、飲みすぎないことです。
EDは、精神的なストレスやプレッシャーを感じることによる心因性が多いと考えられています。

適量のアルコールは、精神をリラックスさせる効果があり、EDの原因を解消してくれることがあります。そこにレビトラの勃起促進効果が合わさることで、より満足のできる性交が可能となります。

勃起機能が低下しない量を見極めて適量だけ飲酒するというのは、言うほど簡単ではありません。まずは自分の普段のアルコール許容量を把握して、適切な飲酒量を知っておくことが大切です。

多量の飲酒は、陰茎の勃起を邪魔してしまい逆効果となりますので、飲みすぎないように気をつけましょう。

レビトラにはアルコールに酔いやすくする作用があることも考慮すると、気持ち少なめの飲酒量がちょうど良いかもしれません。

上手にお酒を飲んでリラックスして性交に臨むことができれば、レビトラの効果が高まってEDとは思えない硬くたくましい勃起が期待できます。

レビトラとグレープフルーツは飲み合わせが悪い

レビトラは、グレープフルーツとの相性が悪く、併用注意薬のように併用時には注意が必要です。

グレープフルーツにはフラノクマリンという成分が多く含まれています。フラノクマリンは、レビトラの有効成分を分解するCYP3A4という酵素の働きを阻害する作用があります。

フラノクマリンによって、CYP3A4が阻害されると、本来は分解されてから吸収されるバルデナフィルが、そのまま体内に吸収されることになります。すると、薬の作用が強く出すぎてしまうおそれがあります。

フラノクマリンによって阻害されたCYP3A4が元に戻ることはありません。新たなCYP3A4に入れ替わるまでに24時間かかってしまいますので、その間はレビトラを服用しないでください。

レビトラを服用する予定がある場合は、念のため2日前からグレープフルーツは口にしないようにしましょう。

グレープフルーツジュースは手軽に大量のフラノクマリンを摂取してしまうため、特に注意してください。フラノクマリンは夏ミカンやハッサクなどにも含まれています。

同じ柑橘類であってもオレンジやレモン、みかんなどはフラノクマリンの含有量が少ないので、食べ過ぎなければ大丈夫です。