レビトラ(バルデナフィル)

即効型のレビトラと長時間作用型のシアリスを比較しよう

レビトラとシアリスの差は効き目の強さと効果時間の長さ

シアリスは、ED治療薬の中で最も持続性に優れています。シアリスの効果は、服用から1時間程度で効き始めて36時間持続します。

服用するタイミングに焦ったり、早く性交を始めなければと急がなくて済むことがシアリス最大の利点です。食事の影響をほとんど受けないという特徴もあります。

高脂肪・高カロリーな食事の前後に服用しても、シアリスの効果は減弱しにくいとされており、作用時間も36時間のままです。

シアリスが食事の影響を受けづらいとはいえ、空腹時に服用することに越したことはありません。食前であれば1時間、食後であれば2時間の間隔をあければ空腹時と同じように有効成分が吸収されます。

一方で、レビトラは服用後15分くらいで効き目が現れて、4時間後には強いED改善効果が得られます。

効果の持続時間は、最長8時間程度とシアリスよりも短いですが、効き目の強さや即効性の面ではレビトラが勝っています。8時間という作用時間も、性交を行うのには十分な時間です。

レビトラは、性交の時間を逆算して服用できたり、すぐに効果が欲しいという方に適しています。

性交を始めるタイミングが分からない、翌朝にも確実に効果が残っていてほしいという方にはシアリスがおすすめです。

シチュエーションに合わせてED治療薬を使い分けることで、充実した性生活を送れます。

シアリスとレビトラの併用は安全性が確かめられていない

レビトラとシアリスの併用は、明確には禁止されていませんが、臨床試験の経験がなく未知のリスクが発生するおそれがあります。

ともに血管の拡張を助けて勃起を促進する効果を有していますので、併用すると相乗効果によって血管拡張作用が強く出すぎてしまう可能性があると考えられます。

血管の拡張は、ときに頭痛や潮紅などの副作用をおこします。副作用の発生率を上げないためにも、レビトラとシアリスは併用しないでください。

もし、レビトラとシアリスを併用したとしてもED改善率が上昇したり、効果時間が伸びるといったメリットが得られる確証はありません。

レビトラもしくはシアリス単剤では効き目が不十分だと感じる場合は、服用量を増量してみましょう。レビトラとシアリスは最大で有効成分として20mgの服用が認められています。

個人の体格や体質によってED治療薬の適量は違いますから、普段は5mgや10mgを服用していても実際は20mgが適していることもあります。

ED治療薬を最大用量で使用していても効果が薄いようでしたら、他の治療法を検討してみましょう。心因性EDの場合は、カウンセリングを受けることで治ることもあります。

その他にも、勃起補助器具を使った方法や男性ホルモン補充療法などがありますので、気になる方は医師に相談してください。

価格はレビトラの方がシアリスよりも安い

レビトラとシアリスは、個人輸入代行サービスのある通販サイトにて、1箱4錠入りで販売されています。

価格は、レビトラ20mg錠が1箱7,200円前後、シアリス20mg錠が1箱9,000円前後となっています。1錠あたりになると、レビトラ20mgは約1,800円、シアリス20mgは約2,300円です。

レビトラとシアリスは、24時間に1回まで服用できます。同じペースで使い続けるのでしたらレビトラの方がお得ですが、シアリスは効果が36時間持続しますので、連続して服用する機会はレビトラよりも少ないと思われます。

価格でED治療薬を選ぶのであれば、先発薬と同等の効き目が期待できるジェネリックがおすすめです。

シアリスのジェネリックの中でも比較的低価格で販売されているタダシップ20mgは、1箱1,900円くらいで購入できます。

1錠あたりの価格では、1箱10錠入りのVタダというシアリスジェネリックが安く、1箱約2,000円なので1錠あたりだと約200円となっています。

レビトラジェネリックで最安値のビリトラ20mgは、10錠入りで2,500円ほどの価格設定です。

ジェネリックを含めると、シアリス系のED治療薬の方が安く手に入れることができます。通販サイトでは、まとめ買いすることで割引があったり、送料が無料になるところもあります。