レビトラ(バルデナフィル)

レビトラが製造中止?販売再開までジェネリックでのりきろう

レビトラの製造中止の理由は工場の改修工事

レビトラは人気の高いED治療薬ですが、病院やクリニックで品薄となっており、処方が受けられない状態が続いています。

日本のクリニックなどでは、ドイツの製薬会社バイエルが製造しているものを輸入して販売しています。しかし、2018年1月頃からレビトラの製造が止まっており販売できない状態になっています。

レビトラが製造中止されている理由は、工場の改修工事が始まったからだとされています。工事に伴って一時的に生産がストップしたことで、レビトラがクリニックなどで買えなくなったのです。

工事が終われば、レビトラの製造・販売は再開されると考えられます。実際に、2018年末には10mg錠、2019年には20mg錠の販売が再開されました。

しかし、2019年3月にバイエル社からのレビトラの出荷が再び停止され、2020年4月になっても販売再開の目途は経っていないという報告があります。

改修工事の遅延によって、長期間製造を中止していたことで生産が追い付いておらず、供給が安定するまでは品薄状態が続くと考えられています。

レビトラの品質に問題があったわけではありませんので、今手元にあるレビトラは安心して使用してください。

一部のクリニックや個人輸入代行サイトには、販売再開していた時期のレビトラが残っているかもしれませんので、ホームページなどで確認してみてはいかがでしょうか。

レビトラの販売再開の時期は未定

レビトラを製造販売しているバイエル社の報告では、レビトラの供給再開の目途はたっていないため、このままでは2020年内にレビトラの販売を再開することは難しいとされています。

東京のクリニックでは、20mg錠のみ販売再開が始まっていますが、製造が追いついていないのですぐに販売中止になってしまうでしょう。

個人輸入代行サイトで通販購入する方法もありますが、こちらもいつ品切れになってもおかしくない状態です。今は在庫があっても次見たときにはなくなっていることもあり得ます。

個人輸入代行サイトにあるレビトラは、クリニックと同じ20mg錠です。10mg錠の在庫はほぼありません。

もし、レビトラ10mg錠を使用したい場合には、20mg錠を半分に割って服用することで、10mgと同様の効果が期待できます。

残ったもう半分のレビトラは、空気に触れないようにラップなどで包んで、できるだけ早く使用してください。ピルカッターを使うと簡単に錠剤を二分割できます。

レビトラの在庫不足中はジェネリックでED対策

レビトラの供給不足の状態がいつまで続くのか分からない以上は、別の方法でEDを改善することが現実的です。

バイアグラやシアリスを使用するという選択肢もありますが、レビトラの有効成分バルデナフィルを含有しているジェネリックを利用すれば、レビトラと同等の効き目が得られます。

レビトラの供給不足はジェネリックで対策することが可能です。レビトラとレビトラジェネリックは、有効成分は同じですが、製造している会社や工場は違います。

レビトラの製造が中止されていてもジェネリックの供給には影響しないため、いつものように購入できます。

レビトラのジェネリックは、個人輸入代行の通販サイトから購入できます。通販サイトでは、レビトラも取り扱っていますので、ジェネリックを注文するついでにレビトラの在庫をチェックすることも可能です。

レビトラがあればレビトラ、レビトラがなければジェネリックを注文するという形で使い分けましょう。

レビトラジェネリックには、バリフやビリトラなど沢山の種類があります。有効成分の含有量が同じであれば、効き目に違いはありませんので、価格や入数などを参考にして選んでください。

早漏防止効果がプラスされているレビトラジェネリックなんてものも販売されています。